SIM4万枚の調達コストは謎だけどSIMプールは調達簡単

SIMカード4万枚を使って、PayPayの初期ポイントゲット&現金化をしていた家族が捕まったそうで。

NHKニュース
 
PayPayキャンペーン悪用しポイント40万円分詐取か 3人逮捕 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201008/k10012653631000.html
【NHK】スマートフォンの決済サービス「PayPay」をめぐって、500円分のポイントが無料でもらえるキャンペーンを悪用し、大量の…

押収品のなかにいわゆるSIMプールっていわれてる機器があるようですね。SIMカードをたくさん挿して、SMSのやりとりとかするやつ。これAliExpressとかで売ってるから、届きさえすればカンタンに手に入るのよね。

なので、SMSでひとり1アカウント制限のサービスとかって、結構不正に刈り取られる温床になってる。とくに中国なんかではね。

まぁシステム自体は簡単につくれるけど、SIMカード4万枚の調達をどうしたのかだなぁ。ひとつの電話番号で500円分のPayPayポイントだと、調達コストを500円以下にしないと儲けでないしね。普通にMVNO契約すると約3000円の契約手数料取られるし。

契約手数料1円とかのキャンペーンしてるときにかき集めたのかなぁ。それでもひと月の契約料考えると500円は超えそうだし。その辺が謎。

【追記】

よく見るとSIMカードも真っ白ですね。ってことはブランクのSIMカード買って番号書込みとかしてるのかしら? できるかどうか解らんけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました