インタビュー記事は言ったこと一字一句変えるな勢の声が大きいのでレベル低下が顕著なのかな

作家の柳美里さんがこんなツイートしてた。

最近は西野さんみたいな「言ったことを一字一句変えるな」的なのの声がデカいのと、ウェブ媒体だと文字数制限が紙より緩い(戦術的な文字数制限はある)のと、音声からの文字起こしの低コスト化で、文字起こし=原稿ってな感じのレベルの低下がインタビュー記事にでているのかも。

キンコン西野、吉本興業に激おこ

特に西野さんの↑の対応はインパクト大きく、「ぼくの喋ったことを文字に起こせばいいだけなんで」と言い切ってる。
コメントでもそれでいい的なのが多い。

世の中の反応がそういうの多くなるのなら、当然インタビュー記事はそのレベルになるよね。

ちゅうか文字起こしだけいいなら、インタビューはほんとラクチンよ。「水の低きに就くが如し」じゃないけど、ラクチンなほうでいいならそっちに流れちゃうよねぇ。

旅人ITライターさとる
旅人ITライターさとる

なのでオイラはインタビュー記事って実は苦手。依頼が来たら受けるけどねw

コメント

タイトルとURLをコピーしました