千代田区長のニュースを聞いて「事業協力者住戸」を知る 裏ルートや裏取引でおいしい話って世の中にはあるのね

ひろゆきさんが投稿してたTwitterで知ったんだけど、

千代田区長が「事業協力者住戸」でマンションを購入してて、それを議会に追及されたら、議会解散を宣言。委員会とか開けなくて区政が滞ってると。

いちおう区長(普通地方公共団体の長)には区議会の解散権があるんだけど、区議会で不信任案が可決されたときに限定されてて、総理大臣みたいにいつでも「解散」ってわけにはいかないんだよね。さすがに議会で吊し上げにあってるから「解散」ってのは区長の無理筋だなぁと思う。

ところで「事業協力者住戸」ってなんぞや? とよく知らなかったの調べたら、下の記事が解りやすかった。

なるほどねぇ。いろいろ都合良く使えるシステムね。値上がりが見込めるならなおさらだな。これこの区長だけじゃなくて、上は国会議員から下は地方議員、役所の偉い人も利用してそうな気がする。今後同じ手口の話がポロポロと出てくる予感伊予柑夏みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)